FC2ブログ

鉛筆硬度試験/Pencil Hardness

03 14, 2012
Koudo.jpg
液晶保護フィルムなどを購入すると、表面硬度が『2H』で傷がつきにくいという表現に出会います。
フィルムの開発をしていると、どうしても必要なスペックなので測定装置をネットで調べました。
『2H』とは鉛筆の芯の硬さ(6B~HB~6H)なのですが、本当に鉛筆で書いて傷がつくか試験します。
あまりにも、そのままなので驚きました。
写真のような装置が販売されています。自分でも作れそうな感じがしますが、購入しました。
JIS K5600-5-4・ISO15184・ASTM D3363で国際規格化されています。
45度で鉛筆をセット、芯圧が750gになります。0.5~1.0mm/sの速度でフィルム上を走らせます。
傷跡が付かない最も硬い鉛筆の値が、そのフィルムの表面硬度になります。
試験評価の信頼性を確保するため、三菱Uniの中でも、財団法人 日本塗料検査協会が認定している
「鉛筆引かき値試験用」鉛筆が付属しています。いろんな財団組織がありますね。
たかが鉛筆、されど鉛筆なのです。
0 CommentsPosted in 印刷
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー(記事検索)
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

◆最新記事◆ 全記事

記事閲覧案内
プロフィール

meibunsya

Author:meibunsya
人生は一度。少しディープな備忘録
好雪片片不落別處

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Counter