FC2ブログ

Doobie Brothers

09 09, 2011
doobie2.jpg
『Livin' On The Fault Line』は1977年リリース 二十歳の青春時代を色づけた思い出のアルバムです。
あの頃は下宿をしていて、ヘッドホンして自転車のハブを磨きながら良く聴いてました。
レコードだったからA面ばかりを聞いてました。結構そんなアルバムって多かったですね。
今、CDを買い直して聴いてみると、殆どB面は聴いて無かったのが分かります。
フュージョンの香り漂う印象的な一曲目から始まり、佳曲『エコーズ・オブ・ラブ』に繋がります。
Doobie Brothers は、その直前に出たベスト盤も同じ頃に良く聴いてました。
典型的なアメリカンフォークロック『Listn to the music』、『Long Train Runnin'』、『China Grove』
私にとって、この時代のロックは過去への旅路。あの頃の、風の薫りまでよみがえるな。

 
0 CommentsPosted in JAZZ

Previous: PLC/電力線通信

Next: JAGUCHI
0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
0 Trackbacks
Top
カレンダー(記事検索)
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 - - - - -

◆最新記事◆ 全記事

記事閲覧案内
プロフィール

meibunsya

Author:meibunsya
人生は一度。少しディープな備忘録
好雪片片不落別處

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
Counter